風俗で本番できる店はどれ?初心者におすすめの風俗を紹介

風俗 本番

ソープランドやデリヘル、ピンサロなど、日本には様々な種類の風俗がありますよね。

風俗が好きなら、自分のお気に入りのお店や嬢がいるなんて人も少なくありません。

とはいえ、風俗にあまり行ったことがない人は「セックスがしたいけど、本番行為がOKな風俗ってなにがあるの?」「風俗の種類や特徴を知りたい」このような疑問や悩みがあるのではないでしょうか。

もし、本番が完全アウトなお店で嬢にセックスを強要すると、出禁になったり、最悪の場合は警察沙汰になったりすることもあるでしょう。

そこで、この記事では風俗の種類を解説し、本番ができる風俗を詳しく紹介します!この記事を読めば、本番ができる風俗が分かり「行ってみたい!」と思えるようなお店を見つけられるでしょう。

「風俗で本番がしたいけど、一体どのタイプのお店に行けば良いの?」こんな疑問がある人は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

風俗の種類

早速、風俗の種類についてそれぞれ解説します。

風俗の種類によってできるプレイが異なったり、抜き自体がNGのお店も存在しています。

ここからは、各風俗のお店の特徴やプレイ内容、本番の可否、大体の相場を詳しく見ていきましょう。

「せっかく風俗に行ったのに、自分のしたいプレイができなった……」高いお金を払ってこんな失敗をしたくない人は、風俗の種類と特徴を押さえてくださいね。

デリヘル

まずは、デリヘルです。

デリヘルとは「デリバリーヘルス」の略語で、ホテルや自宅に嬢がやって来てプレイをします。

デリヘルのプレイは、手コキやフェラ、素股中心です。

気になる本番ですが、デリヘルではまずできないと考えてください。

基本的にお店側が絶対NGにしているため、嬢に強要すると大問題になりかねません。

そんなデリヘルの相場は60分25,000円〜となっています。

ホテルや自宅にデリバリーしてもらう分、他の風俗よりも料金は高めと言えるでしょう。

また、ホテル専門のデリヘルをホテヘルと呼び、韓国人専門の韓国デリヘル、外国人専門の外人デリヘルも存在しています。

店舗に行かなくてもプレイができる手軽さが魅力の風俗です。

デリヘル 本番 デリヘルで本番セックスする方法を伝授!本番させてくれるデリヘル嬢の特徴・注意点もご紹介!

箱ヘル(ファッションヘルス)

箱ヘルは、デリヘルの店舗版とも呼べる風俗ですが、デリヘルとの大きな違いがあります。

それは、マットプレイの有無です。

箱ヘルの場合、マットとローションを使ったマットプレイが楽しめることが最大の特徴です。

その他は基本的にデリヘルと変わらず、手コキやフェラ、素股中心のプレイとなっています。

デリヘル同様、箱ヘルも本番行為はできません。

稀に成功する人もいますが、本番に期待するのは現実的ではないでしょう。

また、自分の性癖に合わせたシチュエーションが楽しめるイメクラや、ニューハーフとのアブノーマルなプレイが楽しめるニューハーフヘルスも存在しています。

マットプレイを楽しみたい人は、ぜひ箱ヘルに行ってみましょう。

大体の相場は60分20,000円です。

ソープランド

ソープランドは「風俗の王道」とも呼ぶべき風俗店です。

風俗店での本番は風営法的に禁止されているものの、ソープランドは厳密には風俗ではなく「風呂屋」なので、本番が黙認されています。

そのため、基本プレイに本番が含まれる数少ない風俗です。

ソープランドは、マットプレイ・本番・手コキ・フェラなど、ほとんどのプレイを楽しめます。

しかし、その分料金は高額で60分30,000円がソープランドの相場です。

高級店・中級店・格安店の3つにランク分けされていることが多く、初めて遊びに行く場合は中級店以上のお店に行けば、よほど失敗することはないでしょう。

ソープ NN NS ソープランドでNN・NSする方法やノースキンソープの傾向を徹底解説!

ピンサロ

ピンサロは、手コキ・フェラが中心の風俗店です。

リーズナブルに遊べる風俗なので、嬢が服を着たままプレイするというのも珍しくありません。

また、店舗型のお店でプレイルームは個室ではなく、パーテーションによって仕切られていることも特徴のひとつでしょう。

気になる本番事情ですが、ピンサロは絶対NGとなっています。

もし本番ができたとしてもすぐに見つかってしまうため、交渉するのも絶対にやめてください。

とはいえ、お手軽に遊べるのがピンサロの魅力で、40分8,000円が相場です。

若い嬢が多いことも特徴なので「本番よりも若さ重視」という人は、ピンサロに行ってみてくださいね。

メンズエステ

メンズエステは、マッサージを受けてからプレイに入るのが特徴の風俗店です。

また、抜きがないメンズエステもあり、自分でオナニーをするるのが認められている場合などもあります。

お店によってプレイの限界が決められているので、利用する前に一度確認してみましょう。

また、メンズエステは基本的に個室のため、運が良ければ本番ができることもあります。

基本的に本番NGの姿勢を取っていますが、嬢との関係次第ではよくある話です。

そんなメンズエステの相場は、60分15,000円となっています。

中国人が施術してくれるチャイエスの場合、60分12,000円前後で遊べて本番付きのお店も少なくありません。

メンズエステ 抜き メンズエステで抜き・NSできる方法やノースキンメンズエステの傾向を徹底解説!

性感エステ・回春エステ

続いて、性感エステ・回春エステを見ていきましょう。

こちらもメンズエステ同様にソフトサービス中心の風俗店で、マッサージを受けて手コキで抜くのが基本的な流れとなっています。

メンズエステは抜きのないお店があるのに対し、性感エステは基本的に抜きありです。

また、嬢のレベルも高いですが「脱がない・舐めない・触られない」をウリにしている風俗なので、本番は絶対NGと考えましょう。

オプションで箱ヘルに近いサービスが受けられるお店もありますが、オプション内容はお店によります。

気になる相場は60分20,000円となっています。

本番がしたい人は、しっかり満足できるとは言い難い風俗です。

JKリフレ

続いて、JKリフレを見ていきましょう。

JKリフレは基本的に抜きや性的なサービスを行っていないので、風俗店と呼べるのかは微妙なところです。

そんなJKリフレは、JKの制服を着た女の子と個室でおしゃべりをしたり、簡易的なマッサージを受けられるのが主なサービス内容となっています。

そのため、本番はおろか性的なサービスは一才ありません。

また、マジックミラー越しにJKを鑑賞できるお店もあります。

ただ単にJKを鑑賞するだけのサービスですが、オナニーをしている人も多く、JKを見ながらオナニーできる場所になっているのが現状です。

相場は4,000円前後で、自分の受けたいマッサージなどによって別途オプション料が掛かります。

オナクラ

オナクラは「オナニークラブ」の略称で、嬢が男性のオナニーを手伝ってくれるお店です。

基本的なサービスはオナニーを見られるだけか、手コキありのコースのみとなっています。

かなりソフトサービスな風俗なので、オナクラで本番をするのは不可能でしょう。

とはいえ、業界未経験の女の子が多いことや、可愛い嬢が多いことも特徴のひとつ。

相場は20分5,000円なので、リーズナブルに楽しめるのが最大の魅力でしょう。

「時間がないからサクッと抜きたい」そんな人は、オナクラに行ってみてはいかがでしょうか?

セクキャバ

セクキャバはセクシーキャバクラの略で、お触りOKのキャバクラです。

男性側から触るのはOKですが、脱いだり、自分の性器を触ってもらうことはできません。

そのため、本番・抜き共にNGとなっています。

そんなセクキャバの相場は1セット8,000円です。

正直風俗店と呼べるのかは怪しいので、本番や抜きが目的の人にはあまりおすすめできません。

あくまで「イチャイチャ」が目的のお店なので、抜いてもらおうとすると出禁になることもあるでしょう。

ちょんの間(新地)

ちょんの間は小料理屋を謳っているものの、実態は本番ありの風俗店です。

他の風俗と異なりプレイ時間が非常に短く、20分から本番が楽しめます。

また、嬢を直接見ながら選べるのも特徴で、ルックス的にハズレを引くことがありません。

プレイの流れは入店→ゴムフェラ→挿入という蛋白なものですが「可愛い子と手軽にやりたい!」そんな人にはおすすめのお店です。

日本最大のちょんの間として有名な飛田新地の相場は20分16,000円で、時間だけ見ると非常に高いですね。

とはいえ、自分の好みの女の子と確実に本番ができるので、この金額は妥当だと言えるでしょう。

新地は観光名所になっていることもあり、旅行のついでに行ってみるのもおすすめですよ。

出会い喫茶(出会いカフェ)

最後は、出会い喫茶です。

出会い喫茶は「出会い」を目的としたカフェのことで、完全素人の女の子と出会えます。

出会い喫茶で条件などを話す→店外デートという流れが基本なので、確実に本番や性的なことができるのかはあなた次第です。

お金の相場は入会金2,000円+入場料2,000円、店内で出会って店外デートに行く場合は別途必要なお店もあります。

また、女の子にお金を払ってエッチをする場合は、さらに1~3万円程度必要です。

そのため、確実に本番ができるか分からない上に、女の子と出会えない場合は何もせずお金を払うことになります。

本番NGの風俗でセックスできるパターン

本来、デリヘルやピンサロでは本番はできません。

しかし、そんな本番NGの風俗でも本番ができるパターンがあります。

ここからは、本番NGの風俗でセックスできるパターンを見ていきましょう。

手取りを増やすためのオプション

まず、手取りを増やすためのオプションとして本番ができる場合です。

特にデリヘルなど個室風俗に多く、客と嬢の二人でやりとりされます。

このようにお金を払って内緒で本番をすることを「円盤」と呼ぶのですが、相場はあってないようなもの。

男性から「本番がしたい」と言う場合もあれば、嬢の方から「〇〇円で本番する?」と誘ってくるのも珍しくありません。

とはいえ、これは運や嬢との関係性に左右されるため、再現性はほとんどありません。

そのため「〇〇は円盤をやっている」という噂を聞いても、あまりアテにしない方が良いでしょう。

円盤ができるかどうかは、嬢の気分などにも影響されるからです。

リピート・本指名をもらうための営業

続いて、リピート・本指名をもらうための営業として本番をする場合です。

これは、男性客がお金持ちだったり、自分の太客になってくれそうな時によく起こります。

風俗嬢も良客のリピーターがいるとたくさん稼げます。

しかも、それがお金持ちであればなおさらですし、初めての客より気を遣わなくて済むので、嬢的にも楽なのです。

とはいえ、これは初めて遊んでできるものではありません。

嬢に「この人は通ってくれそう」と思わせなければいけないですし、関係性も大切だからです。

また、お気に入りの嬢に何度も通うとなると、それなりに資金も必要になることを忘れてはいけません。

さっさとプレイを終わらせるため

続いて、嬢がさっさとプレイを終わらせるために、本番を持ちかけることもあります。

「フェラや手コキは嬢が自分で動かなければいけないけど、本番なら寝ているだけ済むので楽」こんな嬢がいるのも事実です。

そのため、連勤で疲れている嬢や、サービスにやる気のない嬢が、本番を誘ってくることもなくはないでしょう。

とはいえ、これもかなり珍しいパターンです。

嬢の多くが「本番はちょっと……」と思っており「フェラや手コキより本番した方が楽」という嬢は、かなりの少数派。

そのため、よほど運が良くなければこんな嬢に巡り会えません。

また、このパターンでも嬢との関係性次第ではあるので、本番のハードルは高いと言えるでしょう。

一目惚れして嬢からセックスしたがる

続いて、嬢が客に一目惚れしてセックスしたがる場合です。

こんなマンガのような展開もなくはないですが、あなたが余程のイケメンか大金持ちでない限り、可能性はゼロに近いでしょう。

風俗嬢は、客は客としてしか見ておらず、恋愛対象になることは非常に稀だからです。

そのため、こんなケースに期待をするのは現実的ではありません。

再現性が全くないので、風俗で本番がしたい人は、ソープかちょんの間に行って確実に本番を楽しみましょう!

風俗で本番をおすすめできない理由

ここまで、風俗で本番をする方法を解説しました。

しかし、本番NGのお店で本番をするのは全くおすすめできません。

なぜなら、客にデメリットしかないからです。

ここからは、本番NGの風俗で本番をするべきではない理由を解説します。

風俗の本番行為は違法

そもそも、風営法の観点から風俗での本番行為は禁止されています。

「でも、ソープとかは本番ができるのでは?」確かにそうです。

しかし、ソープとちょんの間は風俗として届出を出していません。

ソープはお風呂屋さん、ちょんの間は小料理屋として営業を行っているので、黙認されていることになります。

そのため、ソープなどで本番をしても大丈夫なのですが、デリヘルなどの風俗として届出を出しているお店で本番をすると大問題になりかねません。

出禁はおろか、嬢の証言次第では客が逮捕されてしまうケースもあり、大きなリスクが潜んでいます。

そのため、本番行為はもちろん、嬢に本番を要求するのも危険です。

安全に本番をするなら、ソープかちょんの間に行きましょう。

店舗からペナルティを受ける

先述した通り、風俗での本番は法律で禁止されています。

そのため、お店のルールでも厳しいペナルティを設けているところが大半です。

もし、嬢との合意があったとしても、お店にバレると出禁かそれ以上のペナルティを受けることになります。

中には高額な罰金を設けているお店もあるので、バレると私生活にまで影響が出ることもあるでしょう。

「お店で本番したことを警察に言うか、罰金100万円払うか選べ」なかなかの極論ですが、こんな状況に追い込まれることも十分ある話です。

そのため、本番NGの風俗で本番をするのは快感とリスクが釣り合っていません。

トラブルになりたくない人は、本番要求をしないようにしてくださいね。

料金が高い

続いて、デリヘルなどで本番をやろうとすると、ソープに行くよりも料金が高くなってしまいます。

デリヘルなどで本番をする場合、嬢に個人のオプションとしてお金を支払う必要があるからです。

相場はあってないようなものですが、大体2万円前後だとしましょう。

それに、デリヘルの基本料金やホテル代を合わせると5万円くらいになってしまいますよね。

これならソープに行けばそこそこのお店で安全にプレイが楽しめます。

また、追加料金を支払って本番ができたとしても、お店にバレるリスクなどは残り続けます。

このようなことを考えると、やはりデリヘルなど本番NG風俗で本番をするのは割りに合ってないことが分かりますね。

性病のリスクがある

続いて、本番NG風俗で本番をするのは性病にかかるリスクもあります。

「それならソープの方が本番をしているし、リスクがあるのでは?」このように感じる人もいますが、ソープは本番ありの風俗なので、性病検査を徹底しているお店も多いでしょう。

しかし、本番NGのお店はそもそも性病検査をしていないところも多く、嬢が気づかない内に性病になっていることも少なくありません。

また、本番NGのお店で本番をする嬢は、あなた以外の客ともやっています。

そのため、性病にかかるリスクが高いことも覚えておかなければいけません。

このように、本番NG風俗で本番をするのは、本番行為がバレること以外にもリスクがあります。

ルックスのレベルが低い

最後に、本番NGの風俗で本番をしている嬢は、ルックス的にハズレが多いです。

ルックスのレベルが低いと太客や指名が入らないので、風俗をやっていてもあまり稼げないこともあります。

そこで、他の嬢はやっていない本番に手を出すのです。

逆に、ルックスが良い嬢は本番をしなくても人気が出て稼げるため、本番をすることはまずないでしょう。

このように、ルックスのレベルが低く、人気のない嬢ほど本番行為をしたがります。

そのため、デリヘルなどで本番ができたとしても、払ったお金でソープに行けばもっとレベルの高い嬢とセックスできたのではないでしょうか。

ここまでのデメリットで分かるように、本番NG風俗で本番をするのはあまり賢明ではありません。

【結論】風俗で本番するならソープが無難!

今回は本番ができる風俗や、本番NGの風俗で本番をするデメリットなどを解説しました。

まとめると、

本番ができる風俗は「ソープ」と「ちょんの間」の2つだけ
本番NGの風俗でも、嬢にオプション代を支払ったり、嬢との関係性によっては本番ができることもある
本番NGの風俗での本番は法律的にアウト。

お店にバレるリスクや性病のリスクを考えると、全くおすすめできない

結論、本番NGの風俗で本番をしてもデメリットが多すぎるため、本番がしたい人はソープか、ちょんの間のどちらかに行きましょう!

ソープかちょんの間に行けば、確実に本番ができるのでトラブルになったり、欲求不満のまま終わることがありません。

「風俗で本番がしたい!」そんな人は、ぜひ安全で確実に本番ができるお店を選んでくださいね。

【★24人の女の子と無料でやりとり可能★】
今なら最大1200円分無料ポイントでエッチな子と出会える!
▲ 即ヤリできる女の子はコチラ ▲